●ヒナや飼料、生産者、食鳥処理工場が明確なマルイです。正確な区分管理や、統一的な衛生管理が可能です。

 

 

 

 

 

成長に応じた6種類の飼料を新鮮なまま農家へ届けます。

 

マルイ農協の生産管理プログラムで飼育。研究会活動も活発です。

 

ISO9001認証工場。1日に約4万羽(4〜5鶏舎分)を処理。

 

●飼育体系について

    鶏種     主にチャンキー種・コッブ種

    鶏舎     主に開放鶏舎(一部ウインドレス鶏舎があります)

    飼育日令   51日令前後

    空舎期間   約3週間〜1ヶ月

 

●飼料(エサ)について

     @飼料の原料はトウモロコシ、

      その他の原料と分別し、専用サイロで区別して保管しています。

     A飼料はマルイ農協の専用工場、マルイ飼料株式会社で製造しています。

     B定期的な製品の品質検査、細菌検査、原料検査を実施しています。

 

 

 

 

●鶏舎の環境・衛生管理について

     @全ての農場でオールイン・オールアウト方式を採用しています。

       ※オールイン・オールアウト方式とは同時期にヒナを入れて同時期に鶏を出荷することです

     A鶏の出荷後は適切な空舎期間を設け、徹底した清掃・水洗い、消毒を実施しています。

     B部外者の進入を制限すると同時に、農場入口の車輌消毒及び鶏舎入口に手指消毒、

        踏み込み消毒槽を設置して病気の進入を防いでいます。

     Cヒナは基本的にマルイ農協の専用農場、マルイ農協ファーム株式会社より

         導入しています。

     D病気予防のため、ワクチンを投与しています。

 

生産情報のトップページへ