製造工場
マルイ飼料株式会社は、マルイ農協の組合員へ飼料を製造・供給している会社です。出水の気候や飼っている鶏の種類、日令にあわせた独自の配合で、新鮮な飼料を組合員に届けています。また、製造工程は、抗生物質、合成抗菌剤の無添加ラインと、添加ラインとに2系列化され、正確に管理された製造を行っています。
飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドラインの認証を2018年3月に取得しています。

概要

設立 1969年2月12日
所在地 鹿児島県出水市昭和町59-5
代表者 代表取締役社長  岡田  一弘
資本金 80,000千円
株主
  • マルイ農協
  • 三井物産株式会社
  • フィード・ワン株式会社
年間売上 約78.8億円(2018年度)
従業員数 22名(2019年3月末)
事業内容 飼料の製造・供給

飼料の主な原材料(一部)

とうもろこし

世界の主要な作物です。高カロリーのため、カロリー源となります。また、カロチノイド含量が高く、卵黄色・脂肪色に影響します。

チキンミール

食鳥処理場で出る不可食部を蒸煮後搾油(高温加熱搾油120℃120分)、残りを乾燥、粉砕したものです。タンパク・カルシウム・りん源となります。

大豆油かす

国内外の製油メーカーが搾油した残りの粕で、主に蛋白源として使用しています。

なたね油かす

国内外の製油メーカーが搾油した残りの粕で、主に蛋白源として使用しています。

たまりかす

しょう油を製造する際に得られる副産物であり、もろみを圧搾してしょう油を採った残りの粕。食塩含量が豊富です。タンパク・食塩源であり、栄養バランスの調整として使用しています。

炭酸カルシウム

石灰石で、骨格形成に必要なカルシウム源となります。

食塩

ナトリウム・塩素源で浸透圧の調整を行います。